経理を任すなら|かんたん介護ソフトでハードな仕事を楽に!
男女

かんたん介護ソフトでハードな仕事を楽に!

経理を任すなら

お年寄り

介護の仕事の報酬は、患者からもらうだけではありません。介護保険が適用されるからです。介護業務をしている施設は、患者からだけでなく国民健康保険団体連合会を通しても入金されるわけです。そのためには、決められた書類をきちんと提出しなければならず、医療事務のほとんどはこの書類をつくることになります。この煩雑な作業をしてくれるのが介護ソフトです。さらに、介護ソフトは訪問ヘルパーのスケジュール管理や従業員の給与の計算もすることができます。介護ソフトはさまざまなタイプのものが販売されており、大規模施設向けのものから個人施設向けのものもあります。介護ソフトには無料で体験できるものもあるので、自分の施設に合ったものを選ぶことが大切です。

介護ソフトには大きく分けて2つのタイプがあります。1つはパッケージソフトとよばれるもので、パソコンにインストールして利用します。データはパソコンに保存されるので、パソコンが壊れたら使うことができなくなってしまいます。また、法改正などによって何らかの変更が出た時は自分で更新する必要があります。もう1つはASPとよばれるもので、インターネットに接続することで利用します。インターネットに接続できれば、どこからでも誰でも使用できるので便利です。その代りデーターが流出しないように十分に気を付ける必要があります。何らかの変更があるときは、ソフト会社が対応してくれるので、自分で更新する必要がありません。パッケージソフトは初期費用が大きいですが、メンテナンス料は安くすみます。ASPでは月額利用料を払うので初期費用はかかりませんが、長く使うとトータルでパッケージソフトより高くなることもあります。