介護施設の選び方について|かんたん介護ソフトでハードな仕事を楽に!
男女

かんたん介護ソフトでハードな仕事を楽に!

介護施設の選び方について

女性

介護施設入所のメリット

日本は2025年に向けて、高齢者社会がますます加速していきます。どの家庭でも、親や配偶者の介護などに課題を抱える可能性があります。国の政策としては、在宅介護を基本方針として考えていますが、在宅介護にも限界はあります。そのとき、介護施設への入所が助け舟となります。介護施設は、特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、有料老人ホームなどの種類があります。いずれも高齢者のADLやQOLの維持・向上に取り組んでいます。そのために、自宅で生活するよりも、安全に安心して生活できるメリットがあります。介護施設によっては、ユニット型で高齢者同士が関わり合うことによって、認知症予防や生きがいが高まることもあります。在宅志向が強まる中、介護施設の入所も重要な選択肢の一つです。

介護施設選定の留意点

介護施設のメリットは多々ありますが、逆にデメリットもないわけではありません。高齢者の身体状況、認知症状、病状、経済状況など総合的に適当な施設に入所しなければ、悪影響もあります。例えば、自立の高齢者が対象の老人ホームに、認知症の高齢者が入所すると、団体生活が営めません。また、看護師がいない施設に、生活習慣病の厳密な管理を要する高齢者が入所すると、病状管理ができない可能性があります。このように、高齢者一人ひとりの特徴や状態に応じた老人ホームを選定する必要があります。そうしなければ、短期間で退去が必要になるなど、デメリットも生じます。介護施設を選ぶ際には、施設の評判や費用だけでなく、高齢者の状態に合っているかを慎重に検討する必要があります。選定には、地域包括支援センターや病院の相談員・ソーシャルワーカーと相談すると良いです。